メニュー

簡易宿所でもダブルルームは可能ですか? - 旅館業許可は民泊ビジネスサポートセンターへ

〒530-0027 大阪市北区堂山町15-23 シティエール東梅田I-905号室

tel:06-4309-8128

お問い合わせはこちら

民泊Q&A

民泊Q&A

簡易宿所でもダブルルームは可能ですか?

よく質問があるのは、簡易宿所で旅館業の許可を取得する場合、ダブルベットを置いたダブルブームを作れるのかということです。
結論から言えば、それは可能です。
簡易宿所とは、旅館業法で、「宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のものをいう。」と定められています。

多数人で共用とは、赤の他人が同じ部屋で寝泊まりすることを想定しているので、よって、カップルで使用するダブルベッドを置くことができないのが基本です。
しかし大阪市の条例では、簡易宿所でも、複数の客室がある場合は客室述べ面積の50%未満までなら、「多数人で共用しない客室」でなくてもいいのです。ですから同じ面積の客室が5室あれば、2室まではシングルルームでも、ダブルルームでも大丈夫なのです。

旅館業の申請のやり方は、1棟の建物全体を一つの客室として申請するやり方と、複数の客室がある施設として申請する方法が有ります。

やり方によって、ダブルルームも可能になるのです。

岡行政書士事務所

  • tel:06-6949-8441
  • お問い合わせはこちら