メニュー

旅館業許可・民泊営業は民泊ビジネスサポートセンターへ

〒530-0027 大阪市北区堂山町15-23 シティエール東梅田I-905号室

tel:06-4309-8128

お問い合わせはこちら

旅館業・特区民泊・民泊新法 を完全サポート‼

合法民泊のパイオニア 岡行政書士事務所

promo phone201710

お問い合わせはこちら

実績は全国トップクラス!

どんな物件でも合法民泊が可能です

無許可の「ヤミ民泊」は罰則が強化され、罰金は100万円に。
Airbnbはじめ、ウェブサイトにも掲載することが出来ず、ビジネスとしても成り立ちません。

岡行政書士事務所なら、全国に先駆けて培った独自のノウハウで、基本的にどんな物件でも、
又、どこよりも早く確実に合法民泊の許認可を得ることが可能です
是非ご相談下さい。

民泊Q&A

1.旅館業 詳しくはこちら

旅館業法が大幅に改正されました。(2018年6月15日)です。
大阪市では、1室からでもホテル・旅館営業が可能です。
フロント設置の義務も無くなり、宿泊日数、年間営業日数の制限もありません。
但し、トイレ数、窓面積等、細かな基準をクリアーする必要があります。
安定して合法民泊を進める上では一番の制度です。

詳しくはこちら

2.特区民泊 詳しくはこちら

大阪市や大阪府の保健所管内など、一定の地域で営業が可能です。
25㎡以上の施設面積があれば、旅館業ほど構造設備の基準が厳しくありません。
但し、2泊3日以上の滞在者しか泊めることが出来ません。年間営業日数の制限はありません。
建築基準法の用途変更が不要の為、1棟丸ごと特区民泊にすることも可能です。

詳しくはこちら

3.民泊新法 詳しくはこちら

旅館業や特区民泊の許可が取れない地域(住居専用地域)でも、前面道路が4㍍以上であれば営業可能です。(大阪市)
出制度なので、届出を行えば1週間〜10日程度で「届出番号」が通知され、合法的に民泊の運営ができます。
年間営業日数が180日以内という制限があります。

詳しくはこちら